ネット総合病院の通販のご案内

ネット総合病院を利用する際のデメリット

ネット総合病院では海外のお薬を安い価格で注文することができます。日本からのご利用者の数もどんどん増えてきて、この個人輸入という制度に注目が集まってきています。個人輸入を利用することで、海外で流通しているお薬ならほとんどのものが取引可能となります。ただし、日本での使用が禁止されているものはその対象に含まれませんので取引を行うことができません。

 

ここまではお判りいただけたと思いますが、このようにネット総合病院はお薬に価格家計の負担を軽減することができる個人輸入の制度を利用するのですが、その反面デメリットも存在することも確かです。ネット総合病院のデメリットとしては購入した商品の使用方法などが個人輸入で定められており規則を破ると罰則の対象となることです。実際に個人輸入の規則を破って処罰される人もおられます。

 

通常のネット通販なら購入した商品をどのように使用しても処罰の対象となることなどありません。しかし、ネット総合病院で購入した商品は取り扱い方を誤ると処罰の対象となるということです、これは商品が医薬品であることが理由です。医薬品は取り扱を間違えると体に被害が出ることがあります。そのような医薬品による事故が起こらないように個人輸入では商品の使用は保管に関して定められています。この部分はネット総合病院のデメリットといえるのではないでしょうか?


このページの先頭へ戻る